不動産投資について


不動産投資とは購入した不動産を他社に貸して得られる家賃収入(インカムゲイン)と不動産を購入した以上の金額で売却して得られる売却利益(キャピタルゲイン)を期待して行うことです。
不動産投資は、低金利で預金に利息がほとんどつかない状況もあり、資産運用先の一つとして注目されています。
また、空室がない限りは毎月安定的な家賃収入を得ることができるので、将来的年金不安を補うことに適しているとされています。
不動産投資は株式投資と比べて、価格が下落してしまったり、地震によって建物が倒壊していしまうリスクはありますが、短期間で大幅な価格の上下動がないのでリスクは少なく、リターンも比較的に安定しています。
不動産投資の敷居が低くなってきているので30代や40代のサラリーマン大家さんが増えてきています。
物件の管理の大半は不動産会社に任せることができます。
そのため、特に問題はありません。
ただ、土地勘のない場所で不動産投資を行う場合は注意が必要です。その地域に住んでいる入居者の慣習やニーズが違く、なかなか空室が埋まらない可能性があるからです。
1.少額の資金でも投資が容易になった
自己資金が少なくても、投資する不動産とそこから得られる家賃収入を担保にローンを組むことが可能です。
2.安定収入が毎月入ってくる
空室がなければ、その2~3年間は安定した家賃収入が見込めます。
3.売却益が得られることも
景気の流れによっては、再び地価が上昇することによって売却益を得られる可能性があります。
4.節税ができる
相続税は大きな課税対象額を軽減させることができ、贈与税も生前贈与を行うことで2500万円まで課税しなくても良くなるため、節税ができます。
1.空室のリスクがある
空室の期間が長くなると、家賃収入が得られなくなってしまうので、家賃保証サービスの利用や入居者の条件緩和をすることでリスクを軽減することが可能です。
2.資産価値や売却価格下落リスクがある
景気低迷によって、地価が下落して資産価値が低くなってしまう可能性がありますが、エリア選定やマーケット分析をすることでリスクを軽減することが可能です。
3.流動性の低さにリスクがある
不動産は急に現金化が必要になってもすぐに現金化をすることができません。
4.災害のリスクがある
火災や地震によって、建物が倒壊したり、消失してしまうリスクがありますが、保険の加入や耐震性と防火性の高い物件を選ぶことでリスクを軽減することが可能です。
物件の管理の大半は不動産会社に任せることができます。
そのため、特に問題はありません。
ただ、土地勘のない場所で不動産投資を行う場合は注意が必要です。その地域に住んでいる入居者の慣習やニーズが違く、なかなか空室が埋まらない可能性があるからです。

Contact us